もり小児科クリニック (小児科・夜尿症・発育外来・予防接種)
TEL.075-603-7178
〒612-8012京都市伏見区桃山町遠山69スキップコート2F

診療案内




 

           ※平成30年2月1日より診療の時間帯を一部変更 いたします。

             ⇒詳細はこちら

○おねしょに関する相談

 小学生でおねしょをする人は10人から20人に1人いるといわれており、本人は人知れず悩み自信をなくしていることも多いです。その原因のほとんどが生理的なもので成長とともに解消しますが、ときに病気が隠れていることもあります。

 夜尿症外来では、問診やおうちでの観察によりおねしょのタイプや重症度を評価し、次に何か病気が隠れていないかを採血検査や尿検査その他で確認します。病気の場合はその治療が必要となりますが、生理的なものの場合は、生活指導・薬物療法・アラーム療法などを組み合わせることにより、かなりしっかりと治療できるようになってきています。治癒までには時間がかかることもありますので、気長にみていくことが大切です。

 治療により症状が改善すると、自分に自信がでてきてみるみると明るくなっていくことが多いです。そういった姿をみるのは医師としてとてもうれしいものです。 ⇒夜尿症について

○発育に関する相談

 こどもが大人と大きく異なることの1つに、「成長する」ということがあります。それがうまくいかない場合、何らかの生活習慣の問題や病気が隠れていることがあります。また、成長の問題を放置すると、その後の生活に大きな問題が残ることもあります。

 当クリニックでは、成長にまつわる色々な問題(背が低い、背が伸びない、思春期でもないのに背が急に伸びる、太っている、体重が増えない、思春期が早い、あるいは思春期が遅いなど)についても相談にのっています。 ⇒低身長について

○予防接種

 予防接種の対象となる病気(結核、ポリオ、麻疹、風疹、ジフテリア、百日咳、破傷風、水痘、流行性耳下腺炎、インフルエンザ菌b型、肺炎球菌、インフルエンザウイルス、パピローマウイルスほか)には、下記の特徴があります。

 1.感染が起こってからでは治療ができなかったり、長い時間症状に苦しんだり、大きな合併症
  を起こしたり、時には重い後遺症や生命の危険が生じることがあります。

 2.また子どもの頃にこうした感染症に幸いかからなかったとしても、おとなになってからかか
  るとさらに重症になる危険性が高くなる病気もあります。

 3.こうした感染症にかかると、定められた期間保育所や学校を休まなくてはならないため、
  とくにご両親ともにお仕事をされている場合などは、仕事への影響も大きくなります。

 4.先天性風疹症候群など、疾患によっては、個別接種だけでは発生を防げないことがわかって
  いる病気もあります。こうした疾患を防ぐには全体の接種率を高めて、流行自体を防ぐことが
  必要です。
  そのため、予防接種は自分だけの問題でなく、地域全体の問題として考えることも大切です。

 
 当院では、毎週金曜日の午後に、予約制で予防接種を行っています。これは、小児科を受診するお子さんはかぜのことが多く、外来でうつしっこしないようにするためです。時間的に受診が難しい場合は、個別の相談にも応じさせていただきます。 ⇒予防接種について


【診療予約】

○一般外来について

・初診患者の予約受付は行っておりません(専門外来・予防接種は初診予約が可能です)。

・患者さんの容態を最優先いたしますので、診察の順番が前後することがあります。

・お子さんの様子がおかしいと思った場合は、とりあえずクリニックに来院するようにして下さい。

○予防接種について

・予防接種はかぜひきのお子さんとの接触を避けるため、月・金曜日の午後に予約制で行っています。この時間帯で都合がつかない方は、一般の診療時間内でも対応いたします。ご相談下さい


・当日の対応が可能なワクチン
ロタウイルス
B型肝炎
ヒブ
小児用肺炎球菌
四種混合(DPT+不活化ポリオ)
二種混合(DT)
麻疹風疹混合(MR)
おたふくかぜ
みずぼうそう
日本脳炎




 上記のワクチンについては、当日の対応は可能ですが、必要本数の把握が必要ですので、可能な限り予約をお願いします。1週間当たり5~10名分は余分にストックするようにしていますが、それ以上の申し込みがあった場合は、対応ができないこともあります。ご了承ください。

・事前の予約が必要なワクチン
不活化ポリオ
子宮頸癌
麻疹単独
風疹単独
成人用肺炎球菌
A型肝炎


 上記のワクチンにつきましては、事前の予約が必要です。当日の申し込みでは対応ができません。

・流行シーズンにのみ対応するワクチン
インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンにつきましては、毎年10月~12月(接種は1月頃まで行います)に、専用の枠を設けて対応します。

○夜尿症・発育外来について

・夜尿症・発育外来は、予約制となっております。とくに最初はじっくりとお話を聞かせていただく必要があるため、初診時は1人30分の時間枠を設けて、時間をゆっくりと取っています。

・2回目以降は、通常の診療時間内での診察も可能です。




もり小児科クリニック    〒612-8012京都市伏見区桃山町遠山69スキップコート2F   TEL.075-603-7178